きょうのけせんぬま。「まちで支える、出船送り」

気仙沼ってどんなまち?きょうのけせんぬま。「まちで支える、出船送り」

きょうのけせんぬま。気温30℃で、いよいよ夏です!今日、気仙沼では出船送りがありました!気仙沼の名物「出船送り」。
本日は、その様子をご紹介します。<出船送りとは…?>気仙沼港は遠洋マグロ船の基地となっていて、1年間の航海に出る船を見送る「出船送り」があります。
「出船送り」は、気仙沼港を出漁する船を乗組員の家族や友人、船主、関係者が航海の安全と大漁を願って岸壁から見送る、気仙沼の伝統的な行事です。
気仙沼の女将さんたちが結成した「気仙沼つばき会」の取り組みにより、市外からご来訪の方々も気軽にご参加いただけます。
今日も11時に出船します〜、ということで、鹿折の「コの字岸壁」へ。出船の時間が近づくと、漁港には、船員さんの家族が集まってきます。

 

船を支える造船場、漁具屋、仕込み屋、問屋なども集まって、見送ります。今年からJターンしてきた若手社員の姿も。
仕事でお世話になってる船と船員さんを見送るーこれも大事なおしごとです。

 

関係者たちも揃い、出船の時間が近づきます。船からは緊張の空気。そして、船頭からの挨拶。大漁祈願、航海安全を祈って、みんなで御神酒を交わします。

 

岸壁側の送る人たちには、福来旗(ふらいき)とカラーテープが配られ、

 

みんなで一生懸命、手を振ります。船ははかなげに、それでもつよく、汽笛を何度も鳴らしながら、出航していきます。

 

船員のみんなもどこかさみしげな、、、それでも元気に手を振りあいます。

 

 

造船場からエンジンの整備会社、網をつくる漁具屋から船員の食料を仕込む仕込み屋さんまで、今日、この船が無事に出航するまでの陰には、陸で船を支えている気仙沼の人たちがたくさんいるのです。
この船は7ヶ月の航海だそう。船によっては1年や1年半の航海のこともあります。今日の船に旦那さんが乗っていったお見送りにきていた奥さん。
「お母さんも、お父さんがいない間、大変ですね〜。」って声かけたら、「本人がいちばん大変だからね。私は弱音吐いてられないの。だから船乗りの妻は強いのよ。」とおっしゃってました。
気仙沼は女性が元気だなぁと感じていましたが、夫か留守の間、家のあらゆることをして家を守る奥さんたちが強くしなやかな秘訣はここにあるのかもしれません。
そんなことを考えていたら、船はあっという間へ大海原へ向かって走り出していきました。

 

世界へ向けて、ゴーヘイ!振り返ると、隣では、8月のサンマ船の出船に向けて、漁師さんたちが網修理をしている姿も。

 

話しかけてみると、、、嬉しそうに応えてくれました〜。ここではみなさんが網を縫って、ひとつの大きな網にして、出航に向けて準備をしているそう。

 

その手つきは器用そのもの。どんどんどんどん縫っていきます。

 

漁師って一見豪快で大雑把なイメージがある方もいるかもしれませんが、縫ったり編んだり、小さな細い作業もお手の物なんですよ〜。
このあと気仙沼では、気仙沼のサンマ船が一斉に出船する瞬間をみんなで見送る「サンマ船の一斉出船送り」があります。
また日程が決まりしだい、イベントページで告知しますので、おたのしみに!
(ターン・コーディネーター 根岸えま)
(この記事は2017年7月の記事です。)

気仙沼の取り組みや制度

読み込み中...