2021.01.05

【気仙沼移住女子】わかの場合

気仙沼市は、たくさんの移住女子が、自分らしく、ゆたかに暮らしているまち。 そんな気仙沼移住女子たちを紹介していく、気仙沼市移住・定住支援センター MINATOの公式Instagramが始まりました。 どうぞkesennuma_girlsで検索して、よかったらフォローしてみてください。 ここでは、Instagram投稿のちょっと別角度、別バージョンをお送ります。私からみた、移住女子の姿です。

~わかの場合~

香川出身のわか。
大学への進学をきっかけに東北へ。
気仙沼との出会いは、大学の授業。フィールドワーク先として来ました。
その後、気仙沼で行われている大学生向けプログラムSOKOAGE CAMPに参加。
そんなこんなで、なんだか水があったようで、長期休暇のたびに心の避暑地として気仙沼に長期滞在していました。

気仙沼に移住したのは、色々あってちょっと落ち着いた時間が人生に必要だと思ったから。
いつまでいるとか、何をしたいとか、決めずに住み始めました。
そこでコワーキングスペース□shipに顔を出すように。
そこから、ご縁があって2つの会社で働くことになりました。
自分の人生をじっくり味わいながら、働くこと暮らすことをひとつひとつ丁寧に経験しているわか。
副業兼業が出来るのは、どちらの組織に所属してもそこにいる人に寄り添った仕事ができるから。
愛情深く仕事ができる彼女。
その愛情は今家畜へ向いています。アニマルウェルフェアを通して、生きるとは食べるとは資本主義ってなんだろう。
そうやってひとつひとつ丁寧に経験している最中です。

気仙沼移住女子わかの回はこちら

 

そして、そんなわかが自分の働き方暮らし方をお話しするオンラインイベントが2021年1月29日(金)に行われます。

詳しくはこちらをご覧いただき、ぜひお気軽にご参加ください。