気仙沼での暮らし方 【Pen.turn女子ブログ】「八瀬で自然をまんきつした休日」

このコラムでは、気仙沼市唐桑半島に移住した20代女子たち、通称・Pen.turn女子が、日々の生活をつづったブログ記事をご紹介します。

最近のわたしのホットスポット、八瀬地区。気仙沼市の北端にある、山と川と田んぼが広がる、緑ゆたかな場所があります。
今年の5月に八瀬へUターンしてきたSくんが、八瀬まんきつツアーvol.0を開催してくれました。
わたしにとっては、3回目の八瀬訪問。服装は、動ける服装に、長靴履いて、タオルを持参。
最初に向かったのは、鍾乳洞。八瀬にあることを、初めて知った。
岩手県との県境ぎりぎりの山に入っていきます。
山の入り口に立つ看板には「クマ注意」の文字。山に向かう道の途中でも、地域の人に「クマいるぞ」と言われまくり、結構不安。
そんななか、「大丈夫ですよ」と、たんたんと歩き進むSくん。少し歩いたところで、「ここを斜めにのぼります」とSくん。

「え、ただの斜面ですけど。こんなとこ登るなんて、聞いてないですけど。」と言いつつも、みんなでのぼりはじめ、

鍾乳洞の入り口を発見。中は危険そうなので、入り口前で記念撮影。

鍾乳洞は以上。(笑)
山の斜面を降りた先には、化石が。
化石大好きと判明したKomachiちゃんは、化石探しに夢中。

考古学者、Komachi。
そして、BBQをしにSくんのお家へ。
帰る途中、川で長靴を洗い、サンショウウオを捕獲したり。(ちゃんと川に放してあげましたよ)

「ここがうちの中で1番美味しい天然水です(by Sくん)」と、山から流れ出るお水を飲んでみたり。Sくんのお家へお邪魔すると、Sくん宅栽培の新米炊き立てご飯が出迎えてくれました♡

このご飯が、ほんとうに美味しい!!!!
しあわせ。
こんな感じで、八瀬の自然を大まんきつした、すてきな休日でした。
気仙沼には、遊ぶ”施設”は少ないかもしれないけど、”遊び”はたくさんあります♡
山を歩いたり、川や海で泳いだり、釣りしたり、農家さんのお手伝いしたり。
このあいだふと、1年間でこんなにBBQした年はないな~と思いました。(笑)

記事一覧に戻る
読み込み中...