気仙沼での暮らし方 【開催レポート】けせんぬましごとカフェ@仙台

2017年10月9日(月・祝)、「けせんぬましごとカフェ」を開催しました。
けせんぬましごとカフェとは、気仙沼の仕事にまつわるあれやこれやを、ざっくばらんに聞けるカフェのこと。
合同企業説明会でもない、企業面談でもない、比較的フラットな場で、気仙沼の企業のこと、そこで働いているひとたちのことを知ってもらおう、と企画しました。

 

  • ●開催概要●
  • □日にち 2017年10月9日(祝・月)
  • □時間 17:00~19:30
  • □場所 rough laugh(宮城県仙台市青葉区中央3-4-12 SSスチールⅡビル6F 仙台駅より徒歩8分)
  • □参加費 無料
  • □服装 自由
  • 当日のスケジュールはこちら
  • 17:00 オープニング
  • 17:05 企業+参加者自己紹介
  • 17:20 各社企業説明
  • 17:50 トークセッションテーマ:気仙沼で経験しているキャリア形成について
  • 18:30 個別相談会
  • 19:15 気仙沼で起きている活動・サークル紹介
  • 19:25 クロージング
  • まずは、企業各社が説明を。

 

 

今回、気仙沼から参加した企業は4社です。
アーバン㈱
気仙沼の冠婚葬祭を担う企業です!大川の側にあるゲストハウスアーバン気仙沼は、気仙沼の風景そのもの!「地域の人に愛される経営」をモットーに、人とのつながりを大切にしたお仕事をされています。■医療法人くさの実会
精神科・心療内科の専門病院「光ヶ丘保養園」、介護老人保健施設「リバーサイド春圃」を運営しています。医療・福祉に興味のある方、気仙沼市で一緒に働いてみませんか?学部問わず募集しており、資格や専門知識も不要です。奨学金制度もあり、働きながら国家資格を取得することを全面的にバックアップします!
㈱気仙沼商会
気仙沼市民の生きる術、ガソリン販売をされています!そのほかにも、車などの保険、住まいの商品の提案も!気仙沼では主流 のLPガス配送や、ストーブに使う灯油など、生活に密接しています!気仙沼市民のライフラインを支える企業です!
㈱菅原工業
地域の人々が快適で安心して暮らすための環境づくりをし、コーポレートスローガン ”このまちを、つくる“ のもと日々『まちのインフラ』を支えています。また、互いの地域の課題を解決し支え合う目的で、インドネシアに技術発信する事業も動き始めました。
地方の中小企業のチャレンジがどんどん新しいステージに進んでいます!
地方の建設業だからこそ味わえる仕事感を一緒に味わってみませんか?
後半は、2箇所にわかれて、それぞれトークセッションを。

仙台在住の方々中心に、参加者は7名。
終始なごやかで、アットホームな雰囲気です。
会の終盤には、MINATOから「気仙沼の今」を紹介させていただきました。

企業ではたらくおもしろさや今後挑戦してみたいことなど、普段なかなか聞けないようなこともざっくばらんに話せる場となったようです。
参加者の方も、笑顔で帰って行かれました。このあと、面談が決まった人もいるとかいないとか…企業の方、参加者の方双方が実りある時間になっていればいいなぁと思っています。
最後に、参加者の声をお届けします。
<参加者の声(アンケートより)>
・気仙沼で働くイメージが湧いた
・会場が駅からも近く、話しやすい雰囲気でとてもよかった
・企業と気仙沼の魅力を感じて、とてもわくわくしました。
次回は11月10日(金)に仙台で開催予定です。
次回の詳細は決まり次第、MINATOのWebやFacebookでお知らせします。おたのしみに!

記事一覧に戻る
読み込み中...