2018.01.31

【開催レポート】けせんぬましごとカフェvol.3 in 仙台

2017年12月16日(土)、「けせんぬましごとカフェvol.3 in 仙台」を開催しました。
けせんぬましごとカフェとは、気仙沼の仕事にまつわるあれやこれやを、ざっくばらんに聞けるカフェのこと。
合同企業説明会でもない、企業面談でもない、比較的フラットな場で、気仙沼の企業のこと、そこで働いているひとたちのことを知ってもらおう、と企画しました。

今回は㈱菅原工業スペシャル!
なぜスペシャルにしたかというと、この会社を私たちが少しでも多くの方に深く知ってもらいたかったからです。
40人ほどの地方の中小企業でありながら、たった一人で海外事業に乗り出した専務。
パスポートを採ることから始めて、現地の言葉も分からないのに単身インドネシアへ行き、車でインドネシア中の道路をくまなく回りました。
そして僅か三年で、合弁会社を現地に設立。
気仙沼から世界の72億人を相手に挑んでいる会社があることを、少しでも知ってもらう為に今回のけせんぬましごとカフェは菅原工業スペシャルなのです!

 

☆㈱菅原工業:菅原渉氏
地域の人々が快適で安心して暮らすための環境づくりをし、コーポレートスローガン ”このまちを、つくる“ のもと日々『まちのインフラ』を支えています。
また、互いの地域の課題を解決し支え合う目的で、インドネシアに技術発信する事業も動き始めました。
地方の中小企業のチャレンジがどんどん新しいステージに進んでいます!
地方の建設業だからこそ味わえる仕事感を一緒に味わってみませんか?
http://sugawarakogyo.co.jp/

 

まずは、恒例のスタッフ含めた参加者全員の自己紹介!
学生さんからお肉屋さんまで、和気あいあいの雰囲気が出来上がりました。

次に、主旨説明。
地方の企業だから経験できる面白さを説明した後は…
実は今回は、参加者の皆様に「2020年菅原工業の新規事業部部長」になって頂きました!
道路工事や護岸工事をはじめまちのインフラを担う菅原工業で、新しい事業を立ち上げるなら?
そんなワークショップに挑んでいただきます!

 

菅原工業、菅原渉専務こと渉さんから会社説明を。
日常の業務はもちろん、インドネシアに単身渡った話(本当に面白くて、シビれますよ!)、これから新しく挑戦しようとしていることなど、じっくり語っていただきました。
パスポートを採ることからはじめて僅か3年で合弁会社を立ち上げるなんて、とんでもないことをしているのに、それを穏やかに淡々と話すのが渉さんです。
「自分がこうやって飛び回っていられるのも、会社をしっかり支えてくれている従業員がいるから」と感謝の言葉を口にされていました。
確かに、よくご一緒する事務所の前田さんもとても明るくて頼もしい方です。
そんな前田さんも、ご自分の夢を「定年まで菅原工業で働くこと」と、おっしゃっていたなぁ。
参加された皆さんも、真剣に聞き入ります。

 

さてここでまずは個人個人で「新規事業案」を考えて頂きます。

次は、グループワークでさらに事業案をブラッシュアップしてもらい、最終的に3案が提出されました!
それぞれの案に「なるほどぉ~」「これは今すぐにでも出来ますね」など真剣に反応する渉さん。
こ、これはもしかして、本当に事業化される…?!

今回のけせんぬましごとカフェvol.3
気仙沼にある凄い会社のうちのひとつ、株式会社菅原工業がどんな会社か、たっぷり感じていただける時間だったのではないかと思います。
企業の方、参加者の方双方にとって実りのある時間になったのではないでしょうか。

最後に、参加者の声をお届けします。
『共感力の高い菅原さんに惹かれた』
『中小の技術で世界とわたり合う中小のすごみを体感できました』
『新たな発見、考え方、そして知らない気仙沼を知れた』
『自分の知らない情報をたくさん聞けた!』
『地元企業ならではの話もあると思いました』
『就活の時にローカル企業について調べていなかったので、もっと知っておけば良かったと思った』

●開催概要●
□日にち
2017年12月16日(土)
□時間
17:00〜19:30(開場 16:30)
□場所
rough laugh(仙台駅より徒歩8分)
(住所:宮城県仙台市青葉区中央3-4-12 SSスチールⅡビル6F)
□参加費
無料
□服装
自由
~タイムスケジュール~
17:00 開会・アイスブレイク
17:20 企業プレゼン (㈱菅原工業より)
→会社概要や今後のビジョン、課題を共有頂きます。
17:45 ワークショップ「インフラの2020年を考える」
→グループワークを通して、テーマについて考えます。
19:00 気仙沼の求人紹介+気仙沼の今紹介
19:30 終了