2020.02.19

【2月23日(日)開催】けせんぬましごとカフェVol.12 in 仙台「#ローカルで攻める」

大企業に入って出世して。それが一番で、その為にいい大学に入って、人口の多い東京はマーケットが大きいからそこに行って。
そこのルートが一番かっこいいし、安全。そこから、二番三番と続く。
そんな考えが頭にあって、でもどこかでそれって違うんじゃないかな。と思っている。

気仙沼には、違うと思って、走り出している人がいます。

自分の思う事を思いっきりやってやる。
せっかくの今なんだから。
そんな人の話しを聞くトークセッションです。

違和感がある方、ぜひ来てください。

 

〜けせんぬましごとカフェとは〜
気仙沼に限らずローカルでの生活を考える上で欠かせない事。
それは働くということ。
起業してもいいし、一次産業してもいいし、地元の企業で働いてもいいし。
選択肢はたくさんあると思います。
でも、いずれにしてもイメージが湧かないですよね。
流行りの移住センターの人が喋っても「本当にそうなの…?」って思ったり。
ということで、実際に気仙沼で働いている人の話をゆっくりじっくり聞く場を設けました。

ゆっくり話を聞けば、その人の持っている哲学が浮かんできます。
移住するしないに関わらず、地方で働いている方の等身大の話を通して「働くってなんだっけ」みたいな事に触れられるデトックスタイムとしてぜひお気軽にご参加ください。

 

<イベント概要>

日 時:令和2年2月23日(日) 13:00~15:00

場 所:ROUGH LAUGH仙台店
    (〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央3丁目4−12)

参加費:無料

ゲスト:気仙沼市地域おこし協力隊 加藤広大

<タイムスケジュール>

13:00 START

13:20 気仙沼紹介

13:30 トークセッション

15:00 CLOUSE

お申し込みはこちらから

主 催:気仙沼市移住・定住支援センター MINATO