2020.03.19

地域を元気にするための「未利用水産資源プロジェクト」を一緒に支えるメンバー募集!

【地域おこし協力隊募集中!】気仙沼水産資源活用研究会「kesemo(ケセモ)」

漁業・水産業が日本全体で斜陽になっています。それは、港町気仙沼市も例外ではありません。
気仙沼市では、今まで使われていなかった水産資源を活用し、健康食品、化成品、美容品などの高付加価値な商品を開発することで、新たな産業・雇用を創造し港町気仙沼を元気にしよう!という想いから、「気仙沼水産資源活用研究会」を立ち上げました。

そこでは、25社の地元企業と気仙沼市役所、そして大学・研究機関という3つのセクターが力を合わせています。
このチームから生まれた8つワーキンググループを、地元企業の若手経営者と一緒に運用・調整してくれる方を募集しています!

これまでの気仙沼にはなかった商品を生みだしています!

港町生まれの天然サプリ「気仙沼クリルオイルEPA&DHA+」

マリナスフカコラーゲン化粧品シリーズラインナップ

これまでに「気仙沼水産資源活用研究会」からは、イサダ(ツノナシオキアミ)から栄養分を抽出したサプリメント「気仙沼クリルオイル」や、フカヒレのコラーゲンを使ったクレンジングオイル「フカコラーゲンメークオフ」などを含め10商品以上を開発・販売してきました。

未経験でも大丈夫!

水産に詳しくなくても安心して働けます!

ワーキンググループ毎にディスカッションしながら進めます。

意見交換会後など、メンバーで懇親会を開催することも。

ワーキンググループの運用・調整を一緒にしていく仲間を募集しています。
業務内容としては、以下のようなことを想定しています。
・各ワーキンググループのミーティングの開催、記録
・外部団体とのはし渡し
・研究会活動の情報発信
その他スキル要望に応じた仕事がつくれます。

地元の若手経営者や市役所、そして大学・研究機関という様々な人との幅広い人脈を形成することが出来ます。真剣な会議ももちろんありますが、飲み会などのラフな場もありますので、気仙沼に縁のなかった方でもプロジェクトのメンバーとして安心して仲間に加わることが出来ると思います。

一緒に仲間に加わってくれると嬉しいなぁ。という人は以下のようなイメージです。
・海の幸が好きな方
・能動的に動ける方
・健康で前向きな方

こんな人にはおススメ!
・セクターを超えた協働の進め方に興味がある方
・商品開発のプロセスに興味のある方
・スモールビジネスの起こし方に興味ある方
・起業に興味のある方

興味がわいた方、もっと詳しく知りたいと思った方は、お気軽にお問い合わせください。

・火曜~土曜(12:15~21:15)のうち週4日,32時間勤務が原則
・給与 月20万円(期末手当、通勤手当)
・予算内で以下支出できます
住居費補助(住宅探しもお手伝いします)、移動用燃料費代、活動にかかる旅費 等

詳細については「気仙沼水産資源活用研究会」地域おこし協力隊募集要項 をご覧ください。
提出書類様式:志望書 / 履歴書

 

◆問い合わせ先
気仙沼市産業部水産課加工振興係 藤田・熊谷(基)
〒988-8501 宮城県気仙沼市八日町一丁目1番1号
TEL:0226-22-3435 / FAX:0226-22-8884
E-mail:suisan@kesennuma.miyagi.jp