【1月27日開催!】東京のけせんぬま会 「気仙沼の食と漁業をかじってみる。」

\\”気仙沼”なひと、あつまれ〜!//

2018年、MINATOの東京交流会は、【東京のけせんぬま会】になってパワーアップします!
【東京のけせんぬま会】では、各分野で活躍する気仙沼にまつわるゲストを招き、気仙沼でいま起きていること、しごとのこと、くらしのこと、いま挑戦していることなどを聞いてみる場です。

今まで知らなかった分野について、ちょっと詳しくなれたり、人に話せるようになったり。その分野でなにか関われることが見つかるかもしれないし、もっとほかの分野の話も聞きたくなるかも。

前半は各分野で活躍する気仙沼ゲストを招き、しごとのこと、くらしのこと、いま挑戦していることなど、お話しいただきます。
後半には、ゲストをかこんで、気仙沼の地酒やおつまみで、乾杯です。ゲストトークで聞けなかった話も聞けちゃうかも。

テーマ・会場は各回さまざま、三陸・気仙沼にゆかりのあるお店で行います。

▶▶申し込みはコチラから◀◀

=====イベント概要=====

*東京のけせんぬま会*
「気仙沼の食と漁業をかじってみる。」

<日時>
2018年1月27日(土)19時〜21時半

<会場>
わたす日本橋(東京都中央区日本橋1-5-8)

<参加費>
3000円

<定員>
20名(先着順)

<ゲスト>
佐々木夫一氏(気仙沼漁師・第18一丸船頭)

記念すべき第1回のゲストは、気仙沼の唐桑町から、あの有名な伝説の漁師 カズマルさんこと、佐々木夫一さん(第18 一丸船頭)です。

<前半:ゲストトーク> 19:00〜20:00
気仙沼でメカジキ漁をしている漁師 佐々木夫一さんに、旬の食材のこと、漁業のことを中心にお話しいただきます。漁師ひとすじ50年の佐々木さんが、いま挑戦していることにも迫ります。

<後半:交流会> 20:00〜21:30
佐々木さんが獲った魚のおつまみをちょこっとつまみながら、ミニ交流会です。
漁師のこと、漁業のこと、それから旬の食材のこと。気になることを聞いてみましょう。
そして話を聞きながら、佐々木さんが獲った魚をつまんでみてください。もっとおいしく感じるから。
(軽食メニューは、そのときに獲れた魚になります。)

<こんな人にオススメ!>
▶気仙沼がすき!まちになにか関わりたい!
▶気仙沼の水産業に興味ある!
▶現場にいる漁師さんが抱える漁業の課題って?
▶漁師さんとなにかおもしろいことやってみたい!

友人同士はもちろん、おひとりのご参加も大歓迎です。
みなさんのご参加、お待ちしています!

▶▶申し込みはコチラから◀◀

先着順です、お早めに!

2018.01.13